Supporting

家計診断を利用してみよう|赤字からの脱却

家計をしっかり把握

出来るだけ固定費を削減

電卓とお金

家計診断は、現在の自分達にはどれだけ余裕があるのかということや、どこが問題なのかということを知ることが出来ます。
家計診断をする為に最も大事なことは、収入と支出を知ることです。
家計簿を付けていない人は、家計簿を付けることから始めましょう。
支出は、固定費と変動費に分けることが出来、固定費は住宅費や保険料など金額が固定されているものです。
削減出来れば効果が高いですが、削減するには手続きが必要で急に変えることは出来ません。
つまり、固定費を削減することが家計改善の第一歩になります。
収入から考えて、住宅費が高すぎる場合は引っ越しを考えたり、保険料を必要以上に掛けすぎていないか見直してみましょう。
変動費の代表格は食費ですが、食費を削るのは限界があります。
食費が多すぎる場合は、外食の回数を減らしたり、食費の無駄遣いがないかなど確認してみましょう。
また、カードローンやキャッシング、クレジットカードの分割払いを利用している人もいると思いますが、これらは金利が高いので、出来るだけ早く返済していくようにしましょう。
自分で家計診断をすることも出来ますが、ファイナンシャルプランナーに相談する人もいるでしょう。
ファイナンシャルプランナーに相談すれば、自分では見落としてしまったことや、細かいアドバイスももらえるでしょう。
ただし、相談すれば費用がかかってくるので、家計診断の依頼をする時には幾らかかるのか、きちんと把握しておきましょう。
少しでも無駄を省き、現在も未来も楽しい時間を過ごせるようにしたいものです。

家計と保険最適化の必要性

女の人

人生における最大の出費と言えるのは住宅費用であり、その次に保険料がくると言われています。
保険内容は非常に複雑になっており、保険外交員のオススメするままに加入していると、ムダが発生してしまう可能性があります。
充実した保証は魅力的でしょうが、すべて保険料の一部だと考えてください。
保険貧乏の状態にならないためにも、予算内で最適化させることが大切でしょう。
最初に保険内容を設定してしまうと、どうしても保険料が高くなる傾向があります。
家計診断のためには保険の最適化が大切であり、特に生命保険はムダが発生しやすいので注意してください。
ファイナンシャルプランナーに相談して、家計診断を行ってもらうのも手です。
中立的な視点からアドバイスを受けることで、本当に必要な保証が見えてくるでしょう。
保険に加入することは人生におけるリスク管理と言えますが、高すぎる保険は家計を圧迫してしまいます。
経済的に無理がかかるようでは、逆にリスクとなることもあるでしょう。
家計診断で失敗しないためには、プロと話し合ってみるのが得策です。
自分では必要性が高いと思っていても、プロの視点から見てみると利用頻度が低く、費用対効果が悪くなってしまう保証もあります。
保険にはサービスは存在せず、充実した保証は料金に反映されます。
最初に捻出できる保険料を設定しておき、それから保証内容に優先順位をつけて最適化していくことが大切と言えます。
迷ったときはファイナンシャルプランナーの家計診断を受けてください。

低料金または無料で

スーツの人

年齢を重ねていくにつれて体や環境は変化しますが、加入に適した保険も、それに合わせて変化します。
健康な20代の時には適していた保険が、生活習慣病のリスクが高くなる40代以降には、最適とは言えなくなることもあるのです。
もちろん収入によっても、保険に使うことのできる金額は違ってきます。
そのため多くの人が、自分や家族に適した保険を見極めるために、ファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼しています。
家計診断では、現在の経済力と将来のビジョンの確認とが行われます。
ファイナンシャルプランナーはこれらを確認しながら、家計の負担となりにくい料金で加入できる保険を紹介するのです。
もちろん家族の健康状態や希望している進路などに合う保険が選ばれるので、無理と無駄のない加入が可能になると言えます。
また、それまで家計を逼迫するような保険料の支払いをしていた場合には、家計診断を参考にプランを変更することで、ゆとりのある生活ができるようになります。
年間の保険料が、万単位で少なくなることも少なくありません。
このようにメリットが大きいにもかかわらず、家計診断の料金は1時間あたり5千〜1万円となっています。
さらに中には、無料で家計診断を行うというファイナンシャルプランナーもいます。
ファイナンシャルプランナーの多くは、相談者に保険を紹介することで、保険会社から手数料を受け取っています。
それが利益となるので、その分家計診断が低料金または無料とされているわけです。
このように金銭的な負担が少ない点からも、家計診断は多くの人に頼りにされています。

家計をしっかり把握

電卓とお金

収入と支出を把握することこそが、家計診断の大切な一歩となります。固定費や保険料、食費などを見なおせば、問題点が見えてくるでしょう。自分自身で診断することが難しければ、プロのファイナンシャルプランナーを頼りましょう。事前に依頼料を調べておくと安心です。

もっと読む

FP選びの注意点

主婦

家計診断をお願いするのにファイナンシャルプランナーを選ぶ際の注意点ですが、企業所属のFPではなく中立的な立場で判断をしてくれるFPに依頼することです。また、日本FP協会のホームページからでも上級資格保有者などを条件設定して探すこともできます。

もっと読む

家計を見直す大切さ

ウーマン

貯金が全くできなかったりマイナスになる場合はお金の使い方が間違えている可能性が非常に高いです。そういった場合は自分では何が悪いのかを把握しきれていませんからファイナンシャルプランナーなどの専門家に家計診断を行ってもらうのが一番良い手段です。

もっと読む