Supporting

家計診断を利用してみよう|赤字からの脱却

FP選びの注意点

得意分野で探す

主婦

収入に対しての支出が多く、毎月家計が火の車で悩んでいる方は、一度ファイナンシャルプランナーに家計診断をお願いしてみることです。
家計診断をファイナンシャルプランナーにお願いするといっても世の中にはファイナンシャルプランナーと名乗っている人は多くいます。
法律でファイナンシャルプランナーを名乗るには資格が必要とされているわけではありませんので、無資格でもFPの仕事をされている方もいます。
ファイナンシャルプランナーには大きく分けて、企業所属FPと中立的な立場の独立系FPがいます。
企業所属は、多くの場合保険会社に所属しています。
保険会社のFPに家計診断をしてもらって、その結果保険商品を薦められたとなると、自社の商品を販売しなければ利益になりませんからその保険よりも他社の方が相談者に合った保険があるかもしれないのです。
そのため独立系のFPのほうが中立的な立場で、家計診断を行います。
独立系FPの探し方ですが、日本FP協会のホームページから探すことができます。
CFPやAFPといった上級資格保有者、得意分野でFPを探すことができます。
家計から保険の見直しができるFPは多いのですが、何も保険がすべてではありません。
すべて保険で準備するとなったら毎月の保険料が高くなってしまいます。
少なくとも公的年金や資産運用、ライフプランの作成などができるFPを探します。
またFPによっては自身のホームページを持っている人がいます。
相談や講演の実績などから探すのもよいです。

家計を見直す

婦人

ファイナンシャルプランナーは、FPとも略され、主にその仕事としては相談者の家計診断を行い資金計画を立てるというものです。
ファイナンシャルプランナーの仕事としては、例えば住宅を購入したい場合や子どもの教育、老後の生活といったものを安定的に行うために、相談者が行うべきことを計画し提案してくれるものです。
世の中にはさまざまな資産運用のためのサービスや商品があり、またそれらに絡む法律の知識といったものが資金計画を立てる上で必要になってきますが、それらを自力で学ぶといったことは限界があり、かといってサービスを提供する金融機関などに依頼しても公正なアドバイスをしてくれるとは限りません。
このためファイナンシャルプランナーという第三者の目で家計診断と目的を達成するための計画やアドバイスを受けることで適切なサポートを受けることができます。
また将来的な計画がないにしてもファイナンシャルプランナーに家計診断をしてもらうことで家計の問題点や節約方法、適した貯蓄方法などを知ることができます。
ファイナンシャルプランナーに家計診断を行ってもらう際にはプランナーに適切な情報を提供する必要があります。
収入に関しては毎月の手取り金額がわかるものであれば良くメモでも構いません。
ファイナンシャルプランナーでは収入よりも支出に重きを置くので支出に関するものは領収書や明細書などがあるとより正確な家計診断を受けることができます。

支出を抑制する情報

財布

家計診断を行う場合には、すべての内容を網羅的に行う場合もあれば、特定の項目を中心に家計診断を行う場合もあります。
全体的に家計診断を行っても、具体的に何をどうすればいいのかがわからないというケースもあります。
むしろ、特定の項目について集中的に分析を行うほうが、家計の問題点をあぶりだすことができます。
例えば、家計の切り口の中でも大きいのが保険です。
多くの家庭において、保険は支出の大きな部分を占めています。
生命保険や医療保険、学資保険など、様々な保険がありますが、いざという時のためにしっかりと保険を掛けることが重要です。
また、電気代も家計においては大きなウェイトを占めています。
最近では太陽光発電や電力自由化、オール電化など様々な選択肢がありますので、家計診断を行う上で重要なポイントと言えます。
さらに、通信費も重要です。
携帯電話を一人1台が持っている時代ですから、電話会社を統一したりインターネットの回線と同じ回線にして割引してもらうなど、方法次第で通信費を削減することができます。
全体の家計診断を行う前に、個別に家計をチェックしていくことで、不必要な支出を削減できたり、具体的な削減方法を知ることができるのです。
支出を減らすための情報は気づかないだけであちこちに散乱していますので、その中から正しい情報を取捨選択していくためには、プロのファイナンシャルアドバイザーに相談することが最も効率的と言えます。

家計をしっかり把握

電卓とお金

収入と支出を把握することこそが、家計診断の大切な一歩となります。固定費や保険料、食費などを見なおせば、問題点が見えてくるでしょう。自分自身で診断することが難しければ、プロのファイナンシャルプランナーを頼りましょう。事前に依頼料を調べておくと安心です。

もっと読む

FP選びの注意点

主婦

家計診断をお願いするのにファイナンシャルプランナーを選ぶ際の注意点ですが、企業所属のFPではなく中立的な立場で判断をしてくれるFPに依頼することです。また、日本FP協会のホームページからでも上級資格保有者などを条件設定して探すこともできます。

もっと読む

家計を見直す大切さ

ウーマン

貯金が全くできなかったりマイナスになる場合はお金の使い方が間違えている可能性が非常に高いです。そういった場合は自分では何が悪いのかを把握しきれていませんからファイナンシャルプランナーなどの専門家に家計診断を行ってもらうのが一番良い手段です。

もっと読む